新旧借地権

旧借地法は大正10年、建物の所有を目的にする土地の契約期間や更新などの内容を定めた法律です。 旧法は、堅固な建物の契約期間は30年以上で非堅固の建物は20年以上の期間で定めるときめられています。借地権の契約書に定められていない場合は、堅固な建物は60年として、そして非堅固の建物は30年になりこの期間や更新する時に地主は借地人にあけ渡しの請求についての正当事由が無いと認められないと記されています。

正当な事由とは、戦時立法なり、昔戦争に出ている家主の家族を守るために制定されたものです。その後バブル時代では土地に対しての有効利用が借地では出来なくなりました。それが旧法の改定につながったと言われています。旧法と新法では、内容の違いが大きく変わっているものではありませんが、新法への改定で土地の所有者や借主の双方の利害関係がスムーズにいくようになりました。

また、借地権は不動産と同じように相続税が発生します。借地権に関しての割合は国税局が各地域に設定していますが、土地がある場所の利便性など評価の高い場所の土地に関しては、所有権の割合も見合った形で高くなります。借地権の割合の大きさで、相続税の金額も変動していきます。

参考HP《借地権無料相談ドットコム
借地権について解説しています。