新借地権について

借地権の新法において定められた普通借地権は、旧借地権をそのまま引き継いだ借地権です。契約期間や更新の期間に関して変更があります。新法では建物の非堅固や堅固に関わらず一律で30年と定めています。しかし当事者間の間で話し合いをして合意すればこの期間より長く設定することができます。更新期間は第1回が20年、それ以降の更新は10年間です。

これも契約期間と同じで当事者間の合意があることでこの期間より長く設定することができます。一般定期借地権も新法です。これは借地契約期間を50年以上と定める借地契約です。借地借家法の更新に関する規定を適用しないこと、建物の建替えによる期間延長をしないこと、建物の買取り請求権を認めないことです。

新法である建物譲渡特約付借地権は、借地期間を30年以上と定めた契約です。契約期間満了のときは、地主に相当の対価を支払い、建物を譲渡する特約が付された契約です。 期間満了で借地権が消滅した場合には、借地権者や賃借人が建物の使用を継続することになり、その使用を請求したときは、借地権者と期間がない借家契約が結ばれたことになります。建物の使用賃料は、当事者の請求で裁判所が決めます。当事者間で賃貸借契約を結んだ場合は、その合意に従います。