旧借地権について

旧借地権は、半永久的に土地を貸したら返ってこない制度とも言われています。これには、正当な理由がない場合は継続して土地を借りることができるからです。このようなことを少しでも緩和するように定められたのが新借地借家法です。このおかげで変わったのが、更新の適用を受けない借地権の制度が土地利用の多様化に対応できるようになりましたし、建物が朽廃することで借地権が消滅する制度の廃止や正当な事由があるかないか明確にする必要があるということです。

借地契約は、貸主と借主の合意で契約を更新することができます。その契約期間は堅固建物の契約期間が60年とし、非堅固建物の契約期間は30年と定められています。当事者が契約書で定めた場合は、堅固建物の契約期間は30年以上とし非堅固建物の契約期間は20年以上です。地主さんと借地人さんとの間で、更新契約が締結できない場合もあります。

借地上に建物が建てられている場合、借地契約は自動的に更新されていきますが 法定更新と呼ばれていてこれまでと同じ条件で更新したこととしての扱いになります。更新料の支払いは、借地の契約期間が満了した時に、借地契約を更新する必要がありますが一般的には更新時には更新料を支払い、契約します。